実印とシャチハタの違い

実印イメージ

これまで、「実印」と「シャチハタ」の違いを述べてきました。「実印」は、法的効力のある場所で使われる印鑑で、「シャチハタ」は、わたしたちの主にプライベートよりで手助けをしてくれる、利便性を追求したものだということです。

それでは、なんとかして「実印」と「シャチハタ」を、もっとうまく使い分けられないものだろうか?と思うのが、人の心理というものです。

「実印」にもっとこだわりたいという方には、街の印鑑屋さんやインターネット上をくまなく探しあるいてみれば、手彫り職人・手作り職人さんたちが、あなたの思い描く、重厚で味わい深い、この世に二つと同じものはない「印鑑」を作り出してくれるでしょう。

そのこの世に二つとない「印鑑」を、法的に重要な印鑑登録の証明、つまり「実印」として活用していけばよいのです。
そうして作られた「印鑑」は、あなたオリジナルの雰囲気を持った、「実印」となっていくのです。

そして、利便性のきく「シャチハタ」は、その特性を生かして、日常生活・事務作業などの、効率をはかるものの一つとして、積極的に使っていくようにすればよいのです。

「シャチハタ」には、日付・年を自在に変えられるという、「実印」には持っていない特性があります。
だって「実印」を使う時に、日付・年を変えた捺印をして下さいという場合がありますか?

要は「実印」と「シャチハタ」の持つ性能の違いを、時と場所に応じてどう考えて使っていけば、より生活が充実していくかという問いかけなのです。
この問いかけに答えてあげられるよう、「実印」と「シャチハタ」をうまく活用していきたいものです。

ページの先頭へ