印鑑つきペン

ペンイメージ

おっと、シャチハタ印鑑のうちの「ネームペン」の性能を、まだ書いていませんでしたね。

このように、「シャチハタのネームペンって、なに?」という方が、結構おられるのではないでしょうか。

その理由は、シャチハタのネームペンは、一目見ただけではどこにいるのか全くわからない、まるで「忍者のようなネームペン」だからです。
「忍者のようなネームペン」ということは、ペンのどこかに必ずシャチハタが隠れている、ということになります。

「ネームペン」の一端は普通のペン先のボールペンとなっています。
だとしたら、シャチハタがこのペンのどこかに隠れているとすれば…そう!まさに、ペン先のまるで反対側の、もし普通のシャープペンなら、消しゴム・芯を入れるとされている部分の、ここなのです。

「えっ?こんなところに、シャチハタ印鑑が必要なの?どこでどうやって、使うの?」と思われた方、どうぞご安心ください。
この「ネーム印」の発想は、初めて鉛筆のペン先の反対側に消しゴムがついた、「鉛筆に消しゴムがついていると便利じゃない?」という、現在の「消しゴムつき鉛筆」と、同じアイデアでしょう。

たとえば、仕事上でメモが欠かせないお仕事ともいえる、宅急便のドライバーさんや郵便物の配達員さんなどには、ペンはかかせないでしょう。
ペンにシャチハタが「消しゴムつき鉛筆」の要領でついている発想というのは、いわゆるこういうことです。より便利に・使いやすく。
それが、シャチハタです。

ページの先頭へ